店主ブログ blog-owner

長生きの秘訣!UPDATE. 2006.6.24

一昨日、手術を受けた祖父。
その後も順調なようで、火曜日には反対の目もできそうということ。
まずはひと安心。


93歳という高齢の祖父ですが、考え方はしっかりしてる。
戦後、モノが今のようにない時代を生き抜いた人達の『生き方』を、最近やっと感じられる年齢に自分もなってきたように思う。
「この人がもし戦争で亡くなっていたら(弟は戦死したそうです)、自分は生まれてこなかったんだなー。」
「爺ちゃん、ありがとな。よう生き抜いてくれた。」
こんなことも最近感じれるようになってきました。
だからできるだけ、この人達から大切なことを謙虚に引き継いでいこうと思う。


で、この人達 なんですが、
実は私にはありがたいことに、この世代が今4人います。
93歳の祖父、90歳の祖母が二人、89歳の義理の父。
さらに93歳の祖父の母(曾婆ちゃん)は102歳まで生き、私も小さい頃はこの曾婆ちゃんの背中で寝てた と聞いている。
何とも長生きな家系で、気が付けばびっくり です。
しかも誰も大病で手術や長期入院などすることもなく、本当に不思議です。
4人ともそれぞれ仕事は全然違うし、何だろう?


考えられることは、ただ一つ!
家業柄、 皆快適な眠る環境を整えていた ということ。


「来たよー。 そこかよ?! 前振り長っ。」
誰だ?!  おまえは?!
睡眠学を学ぶ眠り屋店主としては、当然の視点 でしょう。ちゃーんとした理由も持ってますから・・・・。
まっ、いいんですけどね。


いずれ体感したくなりますから、本当に心地良いの眠りを、眠りの王国『いとしや』で・・・。
それともうひとつの長生きの秘訣がうちで売られてる本に書いてありました。(これには私も驚いたと同時にとても納得できた。)
それはアメリカからの調査報告なのですが、早死にするタイプと長生きするタイプ。
この違いをわけるものは何なのか。
7000人以上の人を対象に9年間も追跡調査をした結果出た要因。
寿命の長い人達のたったひとつの共通点。


なんと、それは 『友達の数』 だったそうです。
友人の数が少ない程、病気になりやすかったことがわかったそうです。
分かち合える友人と過ごす時間が、ストレスを大幅に緩和してくれているのでしょう。ということでした。
(ここからは諭すような口調の私を創造しながら読んでください。)
「いかがでしょうか?」  「長生きの秘訣。」
「一つは『心地良い眠りの環境を整えること』、二つ目は『多くの友人を持つこと』。」
まあとにかく、せっかく頂いた人生。
元気で長生き!これ最高ですよ。

text=アフター9のリラックス いとしや

  • シェアする
  • LINEに送る

一覧に戻る


contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)