アートギャッベ®レポート artgabbeh-report

1枚取り出してみると・・・UPDATE. 2020.7.01

第一印象とのギャップ

アートギャッベを選ぶ際に、意識してもらいたいのが、積み重ねた山の中で捲りながら見る印象と、そこから抜き出して、1枚のみでじっくり見る印象のギャップ。

 

これは、本当に実際にやってみないと、実感できないと思います。

 

このモザイク柄の少し玄関サイズより大きめのアートギャッベ。

山の中にいる時は、「ちょっとうるさいかな。」って思っていましたが、一枚で見ると印象が全然違います。(ビックリ!)

 

なぜか、可愛く感じる

自分の目の錯覚なのか、不思議な感覚です。

 

パラパラと捲りながら見ている時に脳が働いている部分と、視界に余計なものが入ってこないこれ一枚で見ている状態では、絶対に脳の感覚神経が変わっていると思います。

 

よく見ると、ものすごい色数の糸で、織られていて、「これを織った織子さんは、大変だったろうなぁ〜。」、「どんなイメージで織ったんだろう?」などなど、こちらのいろいろな想像力が動き出します。

 

どんな空間に似合うだろう?

シンプルな空間での、ポイント演出にすごくいい感じだと思います。

 

これ一枚で、ぐっとおしゃれ感出ますね。

 

北欧のお家の玄関なんかにも似合いそうです。

賑やかなんだけど、なぜか軽い感じはない。

 

やっぱり、草木染めの糸は、色の深さに関係してますね。

 

化学繊維や化学染料では、この趣は出ないでしょう。

 

皆様に伝わりますかね?

 

写真や映像では、限界がありますね。(残念)

 

アートは五感で感じるもの

アートギャッベは、観てデザインや色だけで選ぶものではありません。

 

実際に、その絨毯が持っている雰囲気を、自分がどう受け止めたかで選ぶものです。

 

よく言う、「ビビッときた!」というのは、こういうことです。

 

そこには、絨毯というものではなく、アートギャッベという世界があります。

 

この感覚を、ご来店のお客様にお伝えできれば、嬉しく思います。

 

残り4日間となりました。

 

ゆっくりその世界に浸りに来てみませんか。

 

眠り屋 店主

  • シェアする
  • LINEに送る

contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)