店主ブログ blog-owner

なんとかしてあげたい。UPDATE. 2017.9.24

先日、「マットレスを探している」という一本の電話がありました。

 

その方は、85歳になるおばあちゃんでした。

 

お店に行きたいけれど、車が運転できないので行けないということ。

 

できれば、いくつか持って来て、見せてもらいたいとのこと。

 

お持ちする商品を選定するに、もう少し状況を伺うと、「今、セミダブルの畳ベッドに、羽毛の布団を2枚敷いて寝ている。サイズが合ってないのでずり落ちる。」ということ。

 

? ? ? ちょっとイメージができない、イレギュラーな寝方だな・・・。

 

やっぱり訪ねて見るのが早いし、確実と思い、伺わせて頂きました。

 

お家に伺うと、「こちらえどうぞ。」杖をついたおばあちゃんが出迎えてくれました。

 

玄関に入るや、「断捨離せんとね。」という独り言のような一言。

 

確かに玄関から2階の寝室に向かう階段まで、結構な量の物が置いてありました。

 

そして2階の寝室に入ると、ベッドの上に布団が敷かれてありましたが、その布団の足元を帯でベッドフレームに縛り付けていました。

 

さらに、パッドシーツをめくると、今度は腰のあたりに工事現場で使うような黄色と黒のロープで縛っていました。

 

確かに布団は、一番上には羊毛固綿敷き布団、その下に羽根敷き布団(よくある通販タイプ)、さらにその下に、シングルサイズの健康敷きマットが敷かれていました。

 

もうなんか、全然おかしい。 😕 

 

「これお客様が、ご自分でされたんですか?」と訊くと、ヘルパーさんがしてくれたとのこと。

 

このおばあちゃんの背骨は、湾曲し、仰向けには寝れそうにありませんでした。

 

「仰向けで寝れます?」と訊くと、「無呼吸になるから横向きで寝る」ということ。

 

これでは、寝るのがきついでしょう。

 

ますますなんとかしてあげねば・・・。

 

お部屋の中は、いろいろな物が置かれているというよりは、放置されているという状態。

 

でも、この体では、重たい物(ダブルの布団など)は、持てないでしょう。

 

あ〜、もっと早くお電話頂ければな〜。

 

本当に、断捨離してあげたくなりました。

 

とりあえず、足を患っておられるので、ベッドからの寝起きが楽なように、高さのあるマットレスを、貸し出ししました。

 

「これで、数日様子をみてください。」と言って、お試しして頂くことになりました。

 

ご夫婦お二人の生活。

 

物の整理整頓も、一旦体を壊すとなかなかできないままになってしまう。

 

これが、超高齢化社会ということなのでしょうか?

 

これからの日本が本当に心配になってきました。

 

だからと言って、すぐに法律や制度を変えることなどできません。

 

今、自分を頼ってきた目の前の人に、眠り屋として全力で応えてあげることのみです。

 

少しでも日々の眠りの質が改善できるように・・・・。

 

眠り屋 店主

 

 

 

 

 

 

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る

contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)