店主ブログ blog-owner

あの笑顔が忘れられない。UPDATE. 2007.10.27

先日一人のお客様がマットレスを探しに来られた。
お話を伺うと、95歳のお母さんが寝るためのものを探しておられる。
お母さんは2ヶ月前に、病院を退院されて、そのときに自宅に介護用のベットを設えたのだが、腰が痛くてよく眠れないのだそうだ。


お母さんに頼まれて『何か良いマットを・・・・』とデパートに行こうと思ったが、以前見た情報誌で、うちの記事のことを思い出していらっしゃったというわけ。

さらに聞くと、現在お一人で車椅子の生活らしい。(電動の車椅子なのでお一人でも生活ができるようです。)プロの方からアドバイスを頂いて、今まで苦労した母に気持ちよく寝てもらえるようにしてあげたいとのこと。


私もお話だけでは、正確な現状(ベットのサイズやマットの固さ等)の把握ができないので、日を改めて一度伺わせて頂くことになった。


お母さんが暮らしているのは、大分市から1時間程南へ行った三重町。
約束の時間に待ち合わせて、お家へ上がらせてもらうと、確かに車椅子を使われているが、まあ、とても若々しいメリハリのある声をしたおばあちゃんがいらしゃった。
しかも乗ってる車椅子をメチャクチャ軽快に操る。


そこにはきれいに整理整頓された部屋と真ん中に3モータータイプ介護用ベット。
その上に綿の敷き布団が1枚敷かれていた。
腰の部分を触ってみると、もうクッション性がなく、ベースのマットの固さが直に伝わってくる。
「あ~、こりゃ痛かったろうなあ。」
さらに、「このおばあちゃんには絶対高すぎるやろ!」というくらい固くて高い枕(1万円以上はしただろう。)枕売り場で買ったって言っていましたが、そこにはプロは居なかったんだろう。(情けない)

ベットの機能を確認し、固さを見て、サイズを測ったら、自分の頭の中でこのおばあちゃんにとっての快適な眠りを得られるマットやパッド、枕がイメージできた。


1日も早く、気持ち良い睡眠をとってもらいたかったので、翌日もまた今度はマットレスと枕をもって伺った。数年前に骨折をして、骨盤にボルトが入っていて、最近のレントゲンで少し緩んでいるのがわかったが、高齢のため再手術はもうしないそうだ。
なので、私が提案したものを数日試してもらうことにした。
セッティングが終わって、「これで今日から気持ちよく眠れますよ。」というと、おばあちゃんはシワシワのお顔をさらにシワシワにして喜んでくれた。


帰りの車の中、何かほんわかする心の存在を感じていた。
昨晩、私はベットに入って、今日1日への感謝と共に、「おばあちゃんが今夜から気持ちよく眠れますように。」と願っていた。


今朝、10時頃おばあちゃんに電話してみたら、「お陰様で夕べは本当に腰も痛くなく、気持ち良く眠れました。」との言葉を頂いた。
良かった。良かった。
こんな『コト』が・・・・、こんな『コト』が私達の仕事なんです。


眠り屋 店主

  • シェアする
  • LINEに送る

contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)