店主ブログ blog-owner

大分合同新聞3月13日朝刊UPDATE. 2008.3.15

寝過ぎても、寝不足でも
糖尿病になる危険性アップ
29:240:320:0:0:NONALNUM-303830333134313731377E3031:right:1:1::
睡眠が長過ぎても短過ぎても糖尿病になりやすく、1日5時間未満では肥満になる確立が高いなど、睡眠と生活習慣病が関連するとの研究結果を兼板佳孝日本大講師(公衆衛生学)らがまとめ、12日発表した。


睡眠時間が短い人(5時間未満)と長い人(8時間以上)は死亡の危険が高いことは知られているが、生活習慣病の予防にも健やかな眠りが重要なことを示した形だ。


云々(紙面より)
当たり前のようにあっさり書いているが(下線部)、一般の生活者がどれだけ知っているだろう。
「えっ、そうだったの?」
なんてビックリしている人が多いんではないでしょうか。
まだまだ睡眠の認識なんて低いんですね。(特に日本人は)

兼板講師は「寝不足だとホルモンバランスが崩れて食欲が高まり、生活習慣病になりやすいのではないか。健康づくり運動には睡眠の指導も重要だ」と話している。(紙面)


また河盛隆造順天堂大教授(代謝内分泌学)の話では、「この調査で睡眠が糖尿病や肥満に直接影響することが分かった。睡眠障害と生活習慣病の悪循環を断ち切ることが重要だ。医者は生活習慣病の患者に、食事や運動と同じように睡眠について聞き、患者も睡眠の悩みを訴えるべきだ。睡眠の質を改善すれば治療に役立つ。」とある。


眠り屋は言いたい、治療に役立つなら、予防にも役立つんではないでしょうか。
いい眠りをとるための環境、これからも遠慮なくおすすめしていきます。


眠り屋 店主

text=アフター9のリラックス いとしや

  • シェアする
  • LINEに送る

一覧に戻る


contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)