店主ブログ blog-owner

集中と徹底UPDATE. 2008.8.16

先日大分セールスマンスクール(OSS)主催の講演に行って来た。
講師は『覚悟力』の著者、藤堂昌恒氏。
噂には聞いていたが、なかなか深い内容であった。


その中で、『集中』と『徹底」という言葉が耳に残りました。(例が学校の成績についてのことで、上の子供が受験生ということもあってかもしれませんが)
『今までにやったことのないレベルまで、ポイントを分散せず絞り込んでやる。』
これが『集中』ということで、即実行。


今回は気になっていた駐車場の草取りをそのターゲットとしてロックオン。
それにしてもこの雑草、肥料もやってないのによく伸びる。
この前やったのにもうこんなに・・・・。
ただ前回は制限時間内に全体をまんべんなく処理。
時間が無くなってくると、剪定ばさみを使って葉だけカットで終わってしまった。


今回は『集中・徹底』がテーマ。
時間はいっしょだが範囲を半分に。
できるだけ、一本一本根っこから取り除く。
さらに取りにくいものは、その土ごと取り除く。(新兵器特殊な鎌を使用)
約1時間の草取り。


27.2:240:320:0:0:NONALNUM-303830383130313335377E3031:right:1:1::


処理が終わった範囲は前回の半分だったが、集中・徹底したことで新たな気付きがあった。(写真奥半分今回処理済み)


①1本1本丁寧に抜くと、力が要らず根の深いところまで抜ける。
②草の種類にによって抜くコツが違う。
③当然だが、大きく成長すると抜きにくい。
④やった所とやってない所が完全に違うので、処理の質にブレがない。
⑤ひとつの道具でも工夫次第でいろいろな使い方ができることを発見。
⑥しばらくすると体がけっこうきつくなったが、ある時点から急に汗が吹き出し、その直後から作業が楽になったのを実感。(体の順応)
⑦処理が終わったところを振り返って見ると、シンプルに達成感が湧き、今やってることが楽しくなってくる。
⑧ビフォアー・アフターがはっきりしているので、次いっしょにやる人に説明がしやすい。(実は翌日娘と残り半分を終わらせた)
⑨今の時点では推測だが、多分時間が経っても草の生え方は以前とは全く違うだろう。


たかが駐車場の雑草とりだが、集中徹底することで今回はいろいろな学びがあった。


『一事が万事』
ここでの『雑草』を自分や世の中が抱える『問題』と置き換えて考えてみると、自然とその解決法やそのプロセスが見えてくる。
やはり何事も実際にやってみることは大事だ。
人から聞いてわかったつもりになっているよりも、もっと深く違うところで実感すること、今までにない感覚を得ることは机の上ではあり得ない。


答えを知ることも大切だが、その答えにいかにして辿り着いたかというプロセスを知っていることの方がこれからの時代、意味のあることと思う。


以上『徹底した草取りから人生を学ぶ』のコーナーでした。 


眠り屋 店主

text=アフター9のリラックス いとしや

  • シェアする
  • LINEに送る

contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)