アートギャッベ®のある暮らし artgabbeh

大分市在住 S 様UPDATE. 2017.8.21

【アートギャッべ ①244×179 ② 98×98(サークル) ③ 83×62 ④ 99×78 ⑤ 28×32 ⑥ 34×33 ⑦ 33×37】

 

 

これだけは特別!

 

 

すでに7枚のアートギャッべをお持ちのS様。一番のお気に入りは、“サークルギャッベ”です。

 

「これだけは特別!」「他のギャッベを見て帰ってもこれが一番スゴイ!」「これ以上のものはない!」と大絶賛!!

 

 

 

このアートギャッベは、見ての通り円形です。今まで、約3000枚のアートギャッベを見てきましたが、その中でも円形はたった2枚しか出逢ったことがありません。

その内の1枚はここS様宅でとてもかわいがられています(嬉)

 

いつもS様はアートギャッベを選ぶときに、「小さい絵がいっぱいあるみたいだからこれがいい」「線の木ではなく、ふっくらした木が入っているのがいい」「この角度から見るこの色が好き」という、絵を見ているようなお言葉をおっしゃいます。

 

S様にとって、アートギャッベは絵のようなもの。アートギャッベを選ぶときは、絵を買う感じなのだそうです。「アートギャッべは“アート”だから、好きな人からしたら絵画なんだろうね~」と。その感性がステキです。

 

 

その他のアートギャッベは、玄関からリビングに行くまでに“飛び石のイメージ”で、点々と置いています。こんな敷き方も遊び心があってかわいいですね。

 

本物を見ると本物が分かるようになる

 

質屋は跡継ぎに本物しか見せないと言います。それは、本物しか見ないことで、本物が分かるようになるからなのだそうです。

 

S様自身もご両親に“いいものに触れていると、いいものが分かってくる。”と伝えられたからこそ、自分の子どもたちにも伝えたいと思ったとのこと。

 

「いいものを一番触れるところに置いておきたい。日々、五感を通して感性が磨かれるように…。」きっと、お子さまたちも日々何かを感じ取っていることでしょう。

 

「いいものは飽きないから、何年経っても買い替えようと思わないし、どんな変化があるのか使い続けてその変化を見てみたい。」と、すでに5年以上使ってくださっているS様の深いお言葉。

ありがとうございます。

 

 

S様は、家にいる時はほぼリビングのアートギャッベの上にいて、

「疲れたな~と思ったら、あえてギャッベの上に寝る!そうすると回復する気がする!」のだそうです!ぜひ、お持ちの皆様、やってみて下さい☆

 

 

いとしやがアートギャッベ展を開催するようになって5年半。S様は、今までのすべての回にご来店いただき、わたしとほぼ同じ枚数のアートギャッベを見ていただいています。

本当にうれしいです。これからもどうぞよろしくお願いします!

 

 

 

取材:伊東南乙実

  • シェアする
  • LINEに送る

contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)