店主ブログ  ラジオblog-owner

朝型生活と眠りUPDATE. 2019.6.02

朝型生活に変えるタイミング

もう直ぐ夏至。随分日が長くなってきました。

私たちは、起きている時間だと、太陽が沈む時間が遅くなったということはわかるのですが、同時に日の出も早くなっていることには気付きづらいです。

そこで、今の時期(夜明けが早い)このタイミングで、朝型の習慣を身につける方法を伝授したいと思います。

 

早起きは三文の徳

多くの方が、朝型習慣に多くのメリットがあることはご存知だと思います。

 

例えば、どんなことに徳(得)するか?

・朝ごはんが美味しく食べられる。(1日のスタートに栄養補給は大事です。)

・1日の段取りがスムーズ。(時間的な余裕があるので、午前中に集中できる)

・早く出勤すれば、渋滞がない。(イライラしない。燃費UP。事故率減)

・朝の清々しい空気の中で、やる気が出る。(日の出には、目覚めのパワーを感じます。)etc

 

他にもたくさんあると思うし、実感もされていることでしょう。

 

毎日積み重ねて行くと、5年後10年後には、大きな差になっていくでしょう。

 

でも、そうとわかっていながら、できないのは何故か?

 

早起きが苦手な人は、早寝が苦手。

一時的な早起きはできても、習慣化するには、早寝が肝心なのです。

 

要するに、睡眠の量と質を確保できなければ、早起きは習慣化できません。

 

だから、早起きを習慣化するには、早寝の準備が大切です。

 

準備は、2つの要素があります。

 

ひとつは『睡眠環境』、もうひとつは『眠る前の習慣』。

 

今回は、眠る前の習慣における10のポイントをご紹介しておきましょう。

 

①理想として、夕食は眠る3時間前に終わらせる。

②眠る2時間前にリビングルームの照明を少し暗くする。(もしくは、電球色に変える)

③音にも注意。騒音・雑音はできるだけ避ける。

④眠る2時間前のパソコンは極力避ける。

⑤入浴で温まり過ぎない。

⑥眠くなってから、ベッドに入る。

⑦寝室・ベッドにスマホを持ち込まない。

⑧ゆっくりと呼吸する。(鼻から吸って、口からゆっくり吐く)

⑨軽い運動(夕方の散歩程度)

⑩発想を変えて、早起き早寝の順番にする。

 

以上のポイントを一気にやろうとせず、できることからひとつひとつ少しずつ試して、早起きのその効果を実感できることを願っています。

 

眠り屋 店主

 

 

 

  • シェアする
  • LINEに送る

contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)