お知らせ・イベント情報   睡眠についてnews

盛夏!いとしやは『冷』ではなく、『涼』をおすすめ!UPDATE. 2017.7.22

日中の気温が、30度を超える夏の暑さがやって来ると、夜も蒸し暑くなり、エアコンに頼らないと、寝苦しい夜が続きます。

しかし、夜の寝苦しさは寝室の温度や湿度だけに原因があるのではありません。

エアコンによってどれだけ部屋を快適にしても、寝苦しいと感じるのは、背中と敷寝具の間の温度湿度の上昇なのです。

人間は、『不感蒸泄』という機能によって体温をほぼ一定に保っています。

ところが、気温が高くなり、特に湿度が高くなると、この皮膚からの不感蒸泄という機能による、汗(水分)の気化がうまくできなくなります。

ご存知の通り、液体が気体になる(気化する)時、気化熱が奪われます。

この熱の調整を自律神経が調節してくれているのですが、実はこの体温調節と眠りの質が深く関わっているのです。

深部体温(内臓等の温度)が下がると、眠りのレベルも深くなります。眠りが深くなると成長ホルモンの分泌が活発になり、これによってたんぱく質の合成が促され身体の修復・再生が行われます。

ということは、眠るという回復・再生機能を十分に活かすには、深部体温を下げる必要があります。

人間は、深部体温を下げるために、眠る前から手足の毛細血管を拡張し血行によって体温を放熱し、汗を気化します。

ところが、温度と特に湿度が高くなる夏は、この機能がうまく働きません。これが、『寝苦しい』という感覚です。深部体温が下がらない、眠りが深くならない、成長ホルモンが分泌されない、身体の修復・再生ができない、これが続くと『夏バテ』となってしまいます。

そうならないために、夏には、眠る環境も夏の設えを・・・。

エアコン(エアーコンディショナー)は、文字通り部屋の空気を調整します。立っている場合は、それで快適さが保たれるでしょう。

しかし、私たちが寝ている時には、体の約半分は寝具(特に敷寝具)に密着しています。だからそれは、体温調節(放熱・放湿)を妨げないものでなければなりません。その機能は、通気性吸湿発散性熱伝導率が高いものとなります。

巷には、いろいろな素材の夏の寝具が出回っていますが、いとしやの基準はあくまでも『冷』ではなく、『涼』。

体を冷やすことは「万病の元」と言われますが、夏でも自然とかけ離れた不自然な身体の冷やし方は、本来持っている生理(体温調節)機能を失うのではないかと危惧しております。(特に小さなお子様が心配です)

いとしやがおすすめするのは天然素材の『麻』

麻は、古来日本では、暑さを凌ぐ素材として、衣服や住環境、寝具にも使われてきました。吸湿発散性、通気性、熱伝導率に優れ、水にも強く、抗菌性もあります。敷パットやシーツを麻の素材のものに変えてみてはいかがでしょう。

夏には、夏らしい設えを、風情とともに感じてみてください。

注!例えば『麻パット』と言っても、表の側地だけ麻で中わたはポリエステル100%なんていう、意味のないものも市場にはありますので、お気をつけ下さい。

 

text=アフター9のリラックス いとしや

  • シェアする
  • LINEに送る

この記事を書いた人

大杉 天伸

大杉 天伸

睡眠環境診断士 睡眠環境コーディネーター 睡眠健康指導士

昭和40年11月1日大分県佐伯市に生まれ。高校を卒業後上京。大学を卒業後、大手家具専門店(大塚家具)に入社。ここでインテリアの基礎知識と経験を4年半積む。1992年寝具店の家業を継ぐため帰郷。2年後あるメーカーさんを通じ不思議な魅力を持つエヴァンジリストという肩書きの小阪裕司先生と出逢う。この運命の出逢いが、いとしやのビジネスモデルの原点。1996年『布団屋』から『眠り屋』へというコンセプトで大分店オープン。

  • 日本睡眠環境学会『睡眠環境コーディネーター』
  • 日本睡眠環境研究機構より『睡眠環境診断士』
  • 日本睡眠教育機構より『睡眠健康指導士』
  • ドイツで行われる寝具と家具(ベッドマットレス)の国際見本市を毎年視察継続中。
  • 大分放送(OBS)ラジオ『快適睡眠のすすめ』パーソナリティーとして毎月出演中。
  • これまでに、メディア(TV・新聞・情報誌など)取材、産業界・官公庁・学校・自治会などでの講演の実績も多数。

店主ブログを読む

一覧に戻る


contactご相談・お問合せはこちらからお気軽に

0120-592-10810:00~19:00 (定休日/水曜日)